Vol.3 秘宝館ってどんなところ!?
今日はウフフ…
てくてく
てくてくてく
あっ見えた!
伊香保・女神館へやってきました!
「女神館」はいわゆる「秘宝館」の一種です。

でも、ここは子供でも入れる一風変わった秘宝館なんです。
入り口には女神の銅像があります。
中に入ってみました!
館長の塩澤さんが笑顔で迎えてくれました。

ジュレ「ここはどんな場所なんですか?」

館長「命と性についてキチンと学べる、おもしろミュージアムですよ」


つまり、大人にも子供にも
性教育をしてくれる場所なんです。
入り口に張ってあったパネルです。

命と性の大事さが書いてあります。

館長「よ〜し、じゃあ僕が案内しちゃいますね」

わーい。ガイド付きで女神館をめぐっちゃいますよ!


※写真はすべてクリックすると大きくなります。
チケットを買って、中に入りました!
いきなり目に飛び込んできたのは、
ジュレの100万倍くらいありそうな大きさのセクシーパネル!!
(ジュレの身長は約11cmです)

館長「アーティストさんに頼んで作ってもらった作品です。ちなみに宗教は関係ありません」
オギャー!

赤ちゃんが産まれています!

館長「これはオーナーの手作りなんですよ。こんなのは売ってませんからね。マネキンを買ってきて切ったり、貼ったりしてカタチづくったの」


ジュレ「すごい!!」
女の子「私、お母さんのお腹の中にいたの? お母さんってすごいね!」
お母さん「すごいのはお母さんだけじゃないのよ。
そのことについてちょっとお勉強してみよう?」


ジュレも一緒にお勉強しま〜す!
男女のカラダの違いから、赤ちゃんができるまでを
数々のパネルで教えてくれます!

館長「女性は高齢になるとホルモンが少なくなって、更年期障害をひきおこします。更年期障害は少ないほうがいいけど、厚生年金は多いほうがいいよね」

なんて、ジョークも飛び出しちゃう!
ステンドグラスでも性教育!

館長が、赤ちゃんの男女の産み分けも教えてくれました。

モノ知り〜〜〜!!
男性器ってこんな風になってるんだ〜
広いスペースにたどりつきました!
わ〜、女神さまだ!

館長「あれは250万円くらいしたんだよ〜」

ジュレ「お金かかってる! 本気ですね!」

館長「ええ。本気ですよ!」
ふ〜ひと休み
ジュレ、米粒みたい!
わ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!
エイズについても学べます!
いろんな種類があるんだな〜
つけ方も学べます!
キチンとつけないと失敗しちゃうよ!
よいしょ。
妊婦さんの気持ちを体験できるコーナー。
8.5kgものお腹をつけてみました。ズッシリ!
彼につけたら、妊婦の大変さを分かってもらえてよさそう!


実際に出産しているシーンのビデオなんかも見れちゃいます!
お決まりになってる!?
婦人科にある、内診台に乗ってみることができます。


館長「男性に是非乗ってほしいです! ハズかしさを体感することで、
彼女に中絶という辛い判断をさせないようにしてほしいから」


新生児と同じくらいの重さの人形を抱っこできるコーナー
逆に抱っこされちゃった!?
2階は、18禁!
2階は大人だけのスペースになってたの(照)。
ムフフなアイテムがいっぱい!

ちなみに写真は、椅子なんだけど……
何に使うものなのかは、自分で行って確かめてね!
ランジェリー姿のマネキンと一緒に並んでみました!


館長「カップルの愛をマンネリ化させないためには
下着のオシャレが重要なのでは?」
同じポーズになってるかな!?

このサイトで掲載できるのは、これが限界なり。

ほかにもムフフがたくさんなの。
2階の出口

出口付近には館長の彼女が寝ていました。

おもしろジョークグッズがたくさん並んでいる
お土産モノコーナーも楽しかったです。
最後に館長さんに突撃!
ジュレ「どうして女神館を作ろうと思ったんですか?」

館長「現代社会には、乳幼児虐待や、無差別殺人事件、中絶など、尊い命を粗末にする事件が多発しています。それはキチンと性について学ぶ環境が少ないからだと思うんです。
そこで、それらの問題をくいとめられないかなって思って、2002年にこの女神館をOPENさせました!」

ジュレ「随分お金かかってますよね?」

館長「そうですね。60万円のラブドールが5体あるから300万円。その他、石造やらなんやらで、かなりかかっちゃいました」

ジュレ「元はとれてますか?」

館長「いえいえ。見てもらえるだけで満足です。もっとブレイクしたいですけどね(笑)」

              ジュレ「私、みんなに宣伝しちゃう!!」

というワケで、「女神館」レポートでした。

子供への性教育に使ったり、カップルで妊娠について考えたり、みんなでワイワイ楽しんだり……
人によって目的は違うだろうけど、「気づき」を与えてくれる場所でした。

近くに温泉街や、「珍宝館」という25年も続いている秘宝館もあるので、
観光がてらに行ってみると楽しいと思いま〜す。

私、1泊旅行のつもりが2泊しちゃったし(笑)。
伊香保・女神館 INFO
群馬県北群馬郡吉岡町1256-72
TEL 0279-55-6677

http://members3.jcom.home.ne.jp/megamikan/

開館時間●9〜17時30分

年中無休

入館料●18歳以上 900円 ●団体(20名以上)800円 ●18歳未満 600円


車で行くのが便利。
バスの場合、JR高崎駅より、伊香保行きのバスで「北野駅」下車
伊香保温泉からバスで行くのも◎。
ただし、バスの本数は少ないので要注意!

CGI-design